Infomation / Blog

ブログ

お肉を食べると冷え性が改善される?

この時期手足の冷え性で悩む方は多いのではないでしょうか?

人間の体温を生むのは主に筋肉で、
筋肉は身体を動かさなくても熱を発生させます。

その筋肉の材料になるのがお肉や魚などタンパク質。

食事をすると安静にしていてもカラダが温かくなる感覚を
感じたことありませんか?

カラダは食べ物を摂取した後、
消化と吸収のために代謝が上がるようになっていて
カラダの中で熱を発生させます。

それはDIT(食事誘発性熱産生)というもので
1日に消費しているカロリーの約1割を占めます。

お肉などのタンパク質を摂取した場合
摂ったカロリーの約30%がDITで消費され体温をあげます。
それに対してパンやパスタなどの糖質のみ摂取した場合はなんと消費量が約6%。

圧倒的にタンパク質を摂った時の方が消費量が高くなりますね。

この事からタンパク質が足りていないとDITが
低くなり冷え性が起こりやすいことに繋がります。

冷え性は遺伝ではありません。
身体を温めるものを食べて体質改善しましょう!

高木

糖質制限ランチ


Studio Access

女性専用パーソナルダイエットスタジオ
UNDEUX

大阪市西区北堀江1丁目5-8 4F
不定休 9:00~22:00

UNDEUX トレーニングフロア
ページトップへ