大阪でダイエットは|パーソナルトレーニング梅田・心斎橋

Infomation / Blog

コラム

ビタミンCについて

今回はビタミンCについてのお話しです。

水溶性ビタミンの1種。化学的にはL-アスコルビン酸を指します。

ビタミンCは肌にいいイメージがあると思いますが、それはビタミンCがコラーゲンの材料になるからです。

また、抗酸化力が強く肌老化を防ぐことができます。

bihada

ダイエットにも重要な役割を担っており、脂肪を燃やす為にカルニチンというアミノ酸誘導体が必要となります。

その材料にアミノ酸とビタミンCが必要となります。

筋肉を落とさず、脂肪を燃焼させるためには必要不可欠です。

また、高ストレスビタミンとして注目されております。

ストレスに打ち勝つためには必要な栄養素です。

ビタミンCを多く含む食材ですが、野菜では赤パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、キャベツ、サツマイモなどに多く含まれます。

果物ではキウイフルーツ、いちご、柿、オレンジ、レモンなどの柑橘類にも多く含まれます。

中でもアセロラ、カムカムは非常に多くのビタミンCが含まれる食品です。

kudamono

【こんな方におすすめ】

○風邪をひきやすい
○骨粗しょう症の予防
○老人性白内障の予防
○シミが気になる
○ストレスを和らげたい
○貧血

摂取量についてですが、厚生労働省が定めるビタミンCの1日の所要量はわずか100mg。

壊血病を防ぐために算定された最低必要量となっております。

上限は一日あたり1000mg、健康を維持するための量は800mgです。

目的によっても必要量は異なりますが、1度に摂りすぎてしまうと下痢、吐き気を起こしたり、重度の場合は鉄過剰症になる場合(肝障害や心不全などの臓器障害を引き起こす危険性がある)があるので気を付けましょう。

管理栄養士 八軒


ページトップへ