大阪でダイエットは|パーソナルトレーニング梅田・心斎橋

Voiceお客様の声・体験談

UNDEUX に通うお客様の声や結果をご紹介します

3ヶ月集中コース

産後8ヶ月からスタート体脂肪-8.5% 男の子3人ママのボデイメイクストーリー

お名前 T. M. 様 (36歳)
期間 3ヶ月集中コース、その後アフターメンテナンスコース継続中
身長 160 cm  
体重 48.2 kg 45 kg - 3.2 kg
体脂肪率 29.5 % 21 % - 8.5%

お子様3人(中学生・小学生・1歳の男の子)おられる、36歳*です。

産後、8か月目にUNDEUXにこられ、3か月集中コースをうけられ、その後、今現在*も、アフターメンテナンスコースに通われています。たまに、1歳のお子様もつれてこられ、トレーニングに励んでおられます。

*2018年3月現在

QT.M. 様はお子様が3人もおられるとお聞きしました。お子様はおいくつでしょうか?
A

中学生・小学生・1歳の男の子です。

1歳の息子も時々、UNDEUXに連れてきています。

QUNDEUXスタート時(産後8か月)で、体重48.2キロ・体脂肪29.5%だったのですね、始められた当時のお話を伺えますか?
A

産後、家で(ボディメイク・ダイエット)を頑張ろうと、出産一か月後から軽くやり始めました。

(ネットで買った、サーキット本(30分間自宅でウェイトなしでやれる運動)を週3回ほど)

2~3週間は続いたんですが、やはり、その先がしんどくなってきてやめてしまって。

ずるずる来てしまった。 去年の六月に妹の結婚式の予定があったので(式場は海外ビーチだった)それに向けて“絶対ビキニを着たい!引き締めたい!”と思いました。

それで、出産8か月目にUNDEUXにきました。その時の体脂肪は29%くらいあったんです。。見た目よりあったんです笑


Qその後、どの様な結果を出されたでしょうか?
A

UNDEUXスタート時(産後8か月)で、体重48.2キロ・体脂肪29.5%

UNDEUX3ヶ月コース終了後、46.9キロ・体脂肪26%

その後、アフターメンテナンスコース(入会後半年後)で、45キロ・体脂肪21%

その後、アフターメンテナンスコース(1年後)で、46キロ・体脂肪23%です。

Q特に体脂肪の減り方が素晴らしいですね。今も目標はありますか?
A

そうですね、もともと29.5%あった体脂肪が21%にもなりました。*

でも、自分の中では”まだまだ”なので、もっと減量していきたいです。



* UNDEUXよりコメント:脂肪量にすれば、5キロ近く、脂肪量を減らされた事になりますね!

QUNDEUXで好きなトレーニグはありますか?
A

意外とデッドリフトなんか好きです。
めちゃ効く!っていうのがあるから笑
難しいものも、「やれるよ!」「できるよ!」と応援してくれるので。

Q集中コースの最初の3か月はどうでしたでしょうか?
A

しんどかったのは、食事です。
そうなんです。毎食を(iPhoneで)撮影して送るってやつです。でも、あれがないと、甘えてしまうかな。あれは、必要だったかなと思える。

送らなくちゃいけないじゃない?あれが、なかったら、「まあいいか」ってなってたのよ。


Q始めの頃と比べ、今のトレーニングはいかがでしょうか?
A

以前は、バーを持ちあげて立ち上がる時も、身体に歪みがあったが、いまはその姿勢も整っています。変化を感じますね。
デッドリフトなんかも、以前は、動きがつかめなかったが、今は大丈夫です。


あと、始めの頃、トレーニングの動き(フォーム)が慣れないでいました。
というのも、スクワットにしても、家で自主トレしていた時は簡単にできていたんです。
それは、なぜかというと、(自己流の)フォームが間違っていたというのがわかりました。
間違っていたから、簡単だった…。
UNDEUXにきて、初めて正しいフォームややり方が身についたと思います。
重りも、はじめはバーだけなのに、それだけで持てなかったりしていました。
今は、徐々に持てる様になってきました。
成長ですね。

Q好きな献立とか、よく作ったものはありますか?
A

必ずサラダをいれるとか、卵は卵焼きにしたりとか、「簡単」なもの。
たんぱく質は、おさかなか鶏肉で摂る様にしていました。

めんどくさいときは、カモのロースをスライスして食べたりしていましたね。

手軽なことを大事にしていました。
凝りすぎると、しんどくなって、続かないと思ったので。

Q同じように産後ボディメイク、産後ダイエットに悩まれる女性の方にアドバイスはありますか?
A

家で一人で悩むより、こういうところ(UNDEUX)に来ると、意外と皆さん、同じような境遇の方が多いので、子供とか連れてこられている方を見ると、「同じなんだ」と。勇気づけられることはありますね。

ページトップへ